急な耳鳴りや難聴に要注意!「突発性難聴」とは?

ある日突然強烈な耳鳴りがしたり、音自体が聴こえなくなる病気「突発性難聴」改善のためには早期治療が重要となり、万が一放置すると治療困難になる厄介な病気でもあります。

「耳鳴りが気になるけどいつか治るだろう」と油断していると、取り返しのつかない事態を招くことも……。

改善先生
最悪のケースを防ぐためにも、突発性難聴について学んでおきましょう。今回は、突発性難聴の原因や症状、治療法などについてご紹介していきます。

突発性難聴とはどんな病気?

突発性難聴とは、病名通りある日突然強烈な耳鳴りを発症したり、朝起きたら急に音が聴こえなくなるという病気です。

また、一部の音のみ異常なほど聴こえてしまうこともあります。基本的には両耳ではなく、片耳だけ発生することが多いのが特徴です。

突発性難聴の年間患者数は、国内では3万5000人(2001年の調査)。40~50代で発症することが多い病気ですが、近年では10~20代の若年層でも発症する方が多くなっています。

突発性難聴の原因は?

突発性難聴の原因は今現在では明らかになっておらず、はっきりとした所は不明です。

しかし、以下のような要素が原因ではないかと示唆されています。自身に当てはまるものがないかチェックしましょう。

・大音量の音を聴き続ける
大音量の音楽や騒音を聴き続け、耳に負担を掛けることが原因の1つとして考えられています。実際に、ミュージシャンなどが突発性難聴を発症する割合が高いというデータもあります。

・ウイルス
「突発性難聴発病前に風邪を患う人が多い」「突発性難聴が完治すると再発はしない」などの理由から、何らかのウイルスが原因ではないかとも考えられています。

・ストレスや疲労など
ストレスや疲労などにより、耳の器官や耳周りの血流が悪化することで引き起こされているのではという説もあります。

突発性難聴の治療

突発性難聴は、薬物療法によって治療していきます。体を安静にし、ステロイド剤や血流改善剤の内服薬を投与するのが一般的な治療方法です。

治療期間は1週間~1カ月とそれほど長くはないのも特徴です。

ただし、突発性難聴が完治できるのは全体の3分の1程度だといわれています。残りの3分の2の人々は治療しても完治せず、症状を和らげるだけに留まったり、症状が全く改善できないというケースもあります。

この場合は、耳鳴りや難聴が以降も続く形となり、後々は補聴器などが必要になることもあるため注意が必要です。

また先述もしている通り、突発性難聴は早期治療が重要となります。放置したり、治療開始が遅れると完治できる確率が下がります。発症から2週間を越えてしまうと、完治確率は大幅に下がるため、自己判断で病院の受診を先延ばしにしてはいけません。

完治のためには、発症から2日以内に治療を開始するのがベストともいわれているため、突発性難聴が疑われる場合は、できる限り早めに医師の診察を受けることが大切です。

改善先生
突発性難聴は、いかに早く治療開始できるかが重要になる病気です。突如大きな耳鳴りが発生したり、音が聴こえなくなった場合は、いち早く病院へ足を運ぶようにしましょう。